それを補強してくれるのがのぼり旗

街のいたる所で見かける今ののぼり旗の形式が作られたのは応仁の乱あたりと考えられているようです。

戦に駆り出された者が元からあった旗に一工夫を施し、戦の時に見分けが難しくないのぼり旗を作成しました。

のぼりという単語の成り立ちは種々の論説がありますが、旗の乳(ち)を棒にのぼる感じで装着するからと言われています。

迫力に重きをおいてオーダーしたのぼり旗なら考える以上の期待感を持てます。一説には盛況のように見えるから訴求効果がでかいのだという事です。

バスや百貨店のポスターは無意識に視界に入ってしまうと思いますがインパクトは頼りないです。

それを補強してくれるのがのぼり旗ではないかと感じます。児童が応援を意図して応援のぼり旗を手作りで生みだすのはよくあるみたいです。

部活の全国大会やテレビでよく見る同校出身者の応援など、日本の至るところで時々評判にされています。

さぞ後輩たちのストレートなメッセージにさぞかし奮起することだと思います。

小さなミニのぼりはそこかしらでちょくちょく見かけるのぼりを卓上に置けるボリュームに小さくしたものですが、ヤフーオークションにも数多く落札されているようです。

ワールドカップなどその年度にしか製造されなかった特殊なものは、何倍もの価値がついてトレードされていると聞きます。

一般的なのぼりで頭に思い浮かぶものなのは、のぼり旗がそこにあると何かしらのグッズを販売しているか、又はサービスがあったりと考えたりするのではないでしょうか。

ですがのぼり旗は激励のため等にも利用されますし、祝典と言ったものでも見受けられます。場所を問わずある、親近感を覚えるアイテムなのです。

期待を与えるようなのぼりデザイン

のぼりを活用する不動産といえば、人がたくさん集まるからすごく活気が出て良いと思います。

ただし、人が集まっても、その全員が必ず不動産の契約に結びつくかは別だということも覚悟しないとなりません。

もしも、たくさん集まった人の中から多くの契約者を出したかったら、ただ単にのぼりをたくさん羅列し設置する訳じゃなくて、それなりに色々と工夫しないとなりません。

例えば、のぼりに書く文字の内容やデザインをよく考えて、見ただけでそこで何かを契約したくなる雰囲気を出すことができたなら効果抜群だと思います。

デザインに目を惹く綺麗な画像やイラストなどをのぼり添えると効果が高いと思います。

例えば人気タレントさんの画像プリントなども意外に効果があると思います。

そんな素敵な人がここで契約することもあるのかとかいう想像につながったり、ここで契約するとそういう人と巡り合う運命に陥るかもしれないという期待を与えるようなのぼりデザインだと契約を考えている側もその気になりやすいと思います。

もちろん同じような意味で、人気アニメキャラクターとか人気マスコット人形のプリントコピーをのぼりにしてもすごい効果があると思います。騙されたと思って是非、一度試して見て下さい。

のぼりがたくさん立てられている

のぼり制作とカラオケというと、商店街の雰囲気がピッタリ合うと思います。商店街に、こういった専門店がよくあるからです。

私の住んでいる地域には大型の商店街がないのですが、以前、テレビ番組で商店街を紹介しているところを見た時に、こんなふうに感じたのでした。

また、最近は至る所にカラオケ店があります。道路沿いに大きな店舗が建っていることもあります。

車で通り過ぎてしまいがちなので車からも見えるように、のぼりがたくさん立てられているようです。この方がとても目立つのでいいと思います。 

また、車に乗っている時に店舗を探していても分かりやすいと思います。

私が以前よく行っていたカラオケ店も大型点となっていて、いつもお客さんでいっぱいでした。

この店舗の外にもたくさんののぼりが立てられていたものです。ゴチャゴチャとしたお店が立ち並ぶ中にこのお店があったことから、これを目印として友人たちと集合した記憶があります。

目印になるほどの目立つものなので、人との待ち合わせにもしやすく便利です。

また、店舗によっては、幟部分に特別な宣伝文句が書かれていることがあるので、それを見てその店舗に入る人も多いようです。

ジュースが無料だったり、新譜がたくさん入っていたりといった宣伝が書かれていると、私も入りたくなります。

たくさんののぼりを見つけた

のぼりとカラオケと聞いて思い出すのは、20代前半に勤めていたカラオケ店です。私はそこで4年間アルバイトとして働きました。

そのお店で働くことになったきっかけは、求人雑誌に掲載されている情報を見て、夜間の時給がとても良いと思ったからです。

それからその店に面接を申し込んで2日後、その店で面接をする運びとなりました。その店は新しく、まだ地図にも載っていなかったので、面接担当者に聞いた住所のメモを片手に勘で店を目指しました。 

すると、目標としていた場所の前にたくさんののぼり旗を見つけたのです。

そののぼりのおかげで私は、店に無事たどり着きました。おかげで面接もうまくいき、翌日から出勤というスピード合格することができました。

その後、私はその店で4年間働き、働きながら資格を取って現在の職場に就職しました。

これもそのカラオケ店のおかげです。今でもその幟は店の前で毎日はためいてお客さまの目印として活躍しています。

今は私もそのお店のお客さんとなり、今もなおそのカラオケ店にお世話になっています。

外にのぼりが立っていることで

のぼりとカラオケと言うとカラオケボックスの近くに立っているのを良く見かけます。

カラオケボックスは、1階にあるお店はそれほど沢山なくビルの2階や3階などに入っていたりと駅から近い立地条件の場所や商店街の一角だったりにある場合が多いので、外からぱっと見ただけではお店がどこにあるのか判断つきにくい場合が多いです。

外にのぼりが立っていることで、遠くからでもカラオケが近くにあるということと、何階にあるのかと書かれているので判断出来たりします。

また、幟に何階にあると書かれていなくても、それがあることで周囲にカラオケがあるのだと認識出来るので看板を探すくせがついています。

若い時には何の目的もなく友人と集まった時に時間をつぶすためにカラオケを探したりしましたが、そういう時には外にのぼりがあることですぐにお店を探すことが出来たので便利だと思いました。

歌を歌うテンションになっているのでうきうき感が強いので原色ののぼりを目にすると活気があるのを感じて元気がもらえる感じがしました。

ドリンク飲み放題や1時間いくらなどとお店の料金体系や特徴などが書かれていることも多く外から見て判断出来るのが良かったです。

最近行っていないので思い出すと行きたい気持ちになります。